室内楽コンサートのご案内

2022年11月20日(日)13:30開場/14:00開演
神奈川県民ホール 小ホール
神奈川横浜市中区山下町3-1(みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩8分)

【お申し込み方法】
ご予約受付フォームよりお申込みください。演奏会前日の11/19(土)まで先着順にて受け付け、定員(200名)に達し次第締め切らせていただきます。
  • ※一項目でも記載されていない場合は、一切無効となります。
  • ※代表者を含め、1回のお申込みで最大4名様までの受付とさせていただきます。
  • ※複数名でご来場の場合は、全員分の情報(氏名・電話番号)をご入力ください。
公演当日や前後に新型コロナウイルスに感染した方がいた場合、予約者(来場者)名簿を保健所等の公的機関へ提供する可能性がございます。万が一の事態を想定した場合の迅速な対応のため、ご了承のうえご予約をお願いします。
【お客様へのお願い】
  • 当日はご来場前に発熱がないこと、咳や倦怠感などのご症状がないことをご確認いただき、マスクの着用をお願いします。
  • 状況が変わったり体調を崩された場合は、お手数ですがご一報のうえ、遠慮なくキャンセルなさってください。
  • 会場係員もマスク着用で応対いたします。
  • ご来場の際はアルコール消毒と検温にご協力ください。
  • ホール内・ロビー含め、館内では、他のお客様との接触を避けてお過ごしください。また、咳エチケットにご協力をお願いします。
  • 終演後の出演者との面会はご遠慮ください。お差し入れ等は一切お受けできず、お持ち帰りいただくことになってしまいます。くれぐれも身軽にお越しくださいませ。

お問い合わせ:深澤 viola.ensemble.2022[at]gmail.com([at]を@に置換してください)

ヴィオラ・アンサンブルの会 開催に寄せて

「ブラームスのセレナード2番を演奏したい」という主宰者(ヴィオラ)の呟きからスタートした単発企画です。メンバーはそれぞれ各地のアマオケ、室内楽グループで活躍しており、皆アンサンブルが大好きな人達です。
演奏会の幕開けはブラームスの名曲「悲劇的序曲」をヴィオラ4本にアレンジした四重奏で、編曲者の腕が冴える一曲です。シンフォニーを彷彿とさせるシュポアの「大九重奏」を挟み、メインにブラームスの若々しい歓喜に満ちた「セレナード2番」をお送りします。指揮者なしで奏者同士で作り上げるアンサンブルにご注目ください。
晩秋の休日、名作曲家の隠れた作品に耳を傾けてはいかがでしょうか。